兼古製作所

会社概要

会社概要

こんなものが欲しい、こんな製品があったらいいのに…。

人や社会の様々なニーズに私たちはいつも耳を澄ませている。

そしてこれら様々なニーズを1つひとつ実現していくために常に新しい考え方やシステムを追求し続けているのだ。

社員1人ひとりの自由な発想が「金属」「木」「樹脂」「プラスチック」、1つの素材だけにとどまらず、無限な組み合わせを創造し、こだわりのあるクオリティの高いハンドツールを創り出している。

豊かな感性を企業という型で押し固めることなくのびやかに育んでいく。

総合ドライバーメーカーとして新たなムーヴメントを起こす、それが私たちに課せられた使命なのだから。

ものづくりの心

火縄銃とともに、ネジが種子島へ伝わってから五世紀。

日本の工具は、伝統の技法を絶えず革新してゆくことで、進化してきました。

南北朝の時代から三条鍛治の息づく伝統の街・三条市で生まれたANEXも、ドライバーの新しい形を求め続けて半世紀。

伝統とは新しい流れを常に生み出すことと捉え、絶えず挑戦の姿勢を貫き、最新の技術とデザイン、そして感動をユーザーの皆様にお届けしてきました。

素材

ANEXでは用途に応じて最適な素材を厳選しております。

ドライバービットをはじめ過酷な使用状況のドライバーに対応するANEX独自のクローム・モリブデン・パナジウム合金鋼を使用。

素材の可能性を最大限に引き出す無酸化特殊焼入・焼戻しによる熱処理により驚異的な靱性・耐摩耗性を兼ね備えたブレードを実現しています。

品質管理

当社はその成り立ちから社内一貫性を実現し、独自の生産技術を発展させてまいりました。

金属加工から熱処理インジェクション成形・組立まで社内生産しており、さらにAPS活動(※)を通じて最適の生産管理体制を実現しております。

ANEXドライバーは日本工業規格(JIS)及び日本写真機工業規格(JCIS)に基づき、厳しい品質管理のもとで製造され、高度な検査基準によりユーザー様から絶大な信頼を得ております。

※APS(Anex Products System)現場改善と仕掛品の削減を通して原価低減をめざす。