兼古製作所

会社沿革

会社沿革

1949年 10月
創業者兼古秀夫個人経営にて兼古製作所創業。ネジ廻しの生産を開始する。
1954年 3月
株式会社組織に変更し、三条市横町に株式会社 兼古製作所として発足する。
1956年 3月
三条市興野225番地に工場新設。
1965年 12月
通産産業大臣よりJIS表示許可工場の認定を受ける。
1968年 9月
マイナスドライバー自動冷間鍛造の開発により科学技術庁長官賞を受賞。
1975年 3月
三条金属工業団地(三条市塚野目)へ進出し、ドライバー刃先製造部門の移転増設を行う。
1976年 5月
本社工場にインジェクション成形機を導入し、プラスチック柄ドライバーの社内一貫生産を開始する。
1984年 10月
ラチェットドライバーNo.300,No.360がグッドデザイン商品に選定される。(以降24年連続受賞)
1987年 3月
兼古耕一が代表取締役に就任。
1987年 7月
塚野目工場敷地内にプラスチック成形工場および管理棟を新築。プラスチック成形部門の移転増設を行う。
1987年 10月
全国労働衛生週間に際して新潟労働基準局長努力賞受賞。
1991年 4月
三条税務署長より優良申告法人として表敬される。
1991年 7月
塚野目第2工場の稼働により、作業の合理化と生産力の増強を図る。
1992年 7月
当社製造チタンブレードドライバーがアメリカンズ・カップ『ニッポン』艇に搭載される。
1994年 9月
「障害者の雇用促進のための施設・設備改善コンテスト」において労働大臣賞受賞。
1995年 7月
塚野目工場隣接地に本社工場新築、移転する。
1995年 9月
インパクトドライバーNo.1900がグッドデザイン中小企業庁長官特別賞受賞。
1997年 8月
JAPAN DIY ショウ新製品コンクールにてハンマーシリーズがDIY協会特別賞受賞。
1998年 3月
DIY ショウ in 大阪新製品コンクールにてマグネットビスキャッチ&ストップが大阪市長賞受賞。
2002年 8月
JAPAN DIY ショウ新製品コンクールにてなめたネジはずしビットが経済産業省製造産業局長賞受賞。
2003年 9月
福岡市博多区に福岡営業所開設。
2006年 4月
産業財産権制度活用優良企業等表彰にて、経済産業大臣表彰を受ける。(意匠活用優良企業)
2007年 6月
経済産業省より「元気なモノ作り中小企業300社」に選定される。
2008年 5月
第3工場稼働により、生産管理のレベルアップを図る。
2008年 8月
ジャパン DIY ホームセンターショウ新製品コンクールにてHB5009 スピードハンドルボールポイントレンチが経済産業大臣賞受賞。
2010年 8月
ジャパン DIY ホームセンターショウ新製品コンクールにてNo.395-Dクイックボール60が経済産業大臣賞受賞。
2015年 8月
本社工場増築竣工。ガスポンプ方式の空調設備やエネルギー環境負荷低減に優れた加工機の導入により環境に配慮した生産活動に取り組む。
言語を選択