兼古製作所

ドライバーの使い方

ANEX ドラバイーの使い方のコツ

ネジの頭がなめないように、慎重に扱おう

ドラバーの使い方のコツとしては、ネジの大きさに合ったドライバーのサイズを使い、上からハンドルを押し付けながら回すことが大切です。ドライバーの本体がネジの頭に対して垂直にあたるようにして、押す力が7・回す力が3ぐらいの気持ちで回すことが理想です。

ネジがゆるまない・ネジがなめてしまった場合は・・・

ドライバーで回してもねじがゆるまない!

貫通ドライバーを当ててハンマーで叩いてみる

ネジ山の緊張を瞬間的に緩めてやると、回り出すことがおおい。ハンマーで叩くと時は必ず貫通ドライバーをお使いください。

六角付きドライバーをスパナで回してみる

グリップの基部にスパナをかけられる六角付のドライバーが便利。ここにスパナをかけ、強いトルクで回すことができます。

インパクトドライバーを使用してみる

もっとも確実なのがインパクトドライバーを使うこと。上からハンマーで叩くので、ネジ溝からドライバーがおどることはありません。

製品情報はこちら→ No.170 No.180 No.1550 No.1900 No.7030 No.7750

ズルッ。ドライバーが空回りネジの頭がなめた!

特殊刃先形状のドライバーで新しい溝をつくる

傷か浅い場合はあきらめないで、特殊刃先形状のビスブレーカードライバーをハンマーで叩き、新しい溝をつくってネジを回します。

なめたネジにドリル部で穴あけ、ネジ部で取り外す

傷が深くドライバーでは取り外せないネジの場合は、なめたネジはずしビットを電動ドライバーに取り付けて使用します。ドリル部で穴あけ、ネジ部で拭き取ります。

製品情報はこちら→ No.3960 ANH-065 ANH-066 ANH-168 ANH-3

ネジをなめにくくする予防法 すべり現象を防ぐ摩擦増強液

製品情報はこちら→ No.40